ワンピース

ワンピース1021話ネタバレ感想!サンジがステルスブラックでクイーンに挑む!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『ONE PIECE ワンピース』最新話1021話のネタバレと感想、展開考察です!

 

悪魔の実の能力を使って自らの父親であるカイドウと激闘を繰り広げるヤマト

ロビンとブルックはブラックマリアの幻攻撃を受けながらも冷静に戦い続け、サンジへの強い信頼と共にロビンは新技を繰り出す事に

何とか意識を取り戻したルフィは再び鬼ヶ島へと向かう為に、モモの助に龍になって運ぶようお願いするのでした。

鬼ヶ島でのそれぞれの戦いの行方とは!?

 

それでは、気になる『ONE PIECE ワンピース』最新話1021話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

それでは、気になる『ONE PIECE ワンピース』最新話1020話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

ワンピース1021話ネタバレ

ワンピース最新話1021話ネタバレ

 

『ONE PIECE ワンピース』1021話

「デモニオ」のネタバレが下記となります!

 

ワンピース1021話ネタバレ:ロビンの新技とブラックマリアの猛攻!!!

仲間たちへの強い信頼と共に自らを巨大化させたような巨人咲き(ヒガンテフルール)を繰り出したロビン。

一方のブラックマリアはロビンが自分と同じサイズに巨大化したような状態であっても全く慌てず。

大きくなれた事を評価しつつも、かなり体力を消耗しそうだと余裕を見せます。

 

そんなブラックマリアの予想通り、発動させただけでも僅かに息切れしていたロビン。

しかしすぐに決着をつけるのだと海竜花(シーサーペント)という巨大化させた無数の腕でのつかみ攻撃を繰り出していく事に。

 

無数の腕でブラックマリアの身体を封じようとするも、ブラックマリアの方も当然大人しく捕まるはずがないだろうと武器で斬りつけて攻撃。

傷つけられた腕へのダメージはロビン本人へと向かってしまいます

 

手の数が増えようとも標的が大きいだけ楽だと語るブラックマリアは、更に蜘蛛となった足から毒を分泌させて攻撃。

それをなんとかロビンは回避するも、更に蜘蛛の糸によるマリアネットで拘束。

「お静マリア」という大量の蜘蛛の糸による拘束技で、巨大化したロビンの腕は完全に封じ込められてしまいます。

 

その上で拳にメリケンサックのようなものを装備していくブラックマリア。

自分は格闘家なのだとつぶやくと、女が相手でも容赦はしないとロビンに襲いかかります。

 

ブラックマリアが繰り出す「花魁ナックル」をロビンは避ける事が出来ず、思い切り顔面に攻撃を食らってしまうロビン。

強烈な攻撃の連続によってロビンは巨大化の能力を解除する事に

 

その上で改めて腕を無数に生み出して反撃するも、ブラックマリアの方もそれは予想済み。

「行き止マリア」という蜘蛛の糸を使っての防御技によって完全に防がれてしまうのでした。

 

 

遂に全身を巨大化させられるようになっていたロビンでしたが、大きくなった事を逆に利用される展開となってしまいました。

ブラックマリアもここへ来て蜘蛛の糸を使ったダジャレ技?を連発していて、流石に飛び六胞というだけの強さは見せてきていますね。

幻覚や毒や蜘蛛の糸、更には蜘蛛の足である事を生かした機動力の高さなど、結構バランスの良い悪魔の実の能力と言えるのかもしれません。

 

ワンピース1021話ネタバレ:革命軍の仲間たちから教えてもらった技で!!!

ロビンからの攻撃を蜘蛛の糸で防いだ上で、糸が可燃性である事を明かしたブラックマリア。

下半身の蜘蛛が小さな火を吹いた事で、辺り一体は一瞬で炎に包まれてしまいます

 

可燃性の糸と小さな炎による「炎上(あたた)マリア」での攻撃でロビンを圧倒すると、ブラックマリアは更にロビンを煽り続けます。

みっともない黒足のサンジの失態をかばって負けたとなれば、結果二人共ただのバカだと。

 

その上でまたブルックに消火してもらうのかと続けるも、ブルックは全く動じていませんでした。

自分がもし貴方だったらそこから逃げるだろうと

そんなブルックの言葉も無視して一方的にロビンを攻め続けるブラックマリア。

 

仲間たちのお荷物であり世界の大物から求められているのもロビンの脳だけであり手も足もいらない

人格もいらず生きていればいいだけのただの道具なのだと。

そこまで好き放題言われてボロボロになっていたロビンでしたが、彼女はここでコアラやサボ達との記憶を思い出していました。

 

いざという時の為にとパンチや掌底のやり方を教えようとするコアラと、竜爪拳を教えようとするサボ。

魚人のハックはロビンが関節技だけでも十分強いと判断していたものの、コアラは別れたら守ってあげられないと必死。

そんなコアラの気持ちが届いたのか、ロビンは掌での攻撃を二人から少しだけ教えてもらう事になるのでした。

 

二人から教えてもらった技をこれまでも何度となく使ってきていたロビン。

コアラとサボに教えてもらった事を思い出し、千紫万紅(ミル・フルール)「魚人空手」の花葱(ギガンチウム)を天井に向けて放つのでした。

 

 

ここへ来てロビンと革命軍のメンバーであるコアラやサボとの交流が描かれるというのが熱いですね!

しかも二人から教わった掌底が新世界でのロビンの戦い方に活かされていたというのが非常に上手い所です。

ロビンが追い詰められているのに全く心配していないブルックからも信頼を感じられるのが良いんですよね。

 

ワンピース1021話ネタバレ:必要としてくれる仲間の為なら悪魔にだって!!

コアラから教わった魚人空手を参考にして放たれた花葱(ギガンチウム)

その一撃は天井を破壊し、崩れてきた瓦礫によって広まった炎はあっという間に消えてしまいます

 

少し焦ったブラックマリアは目の前に広がる光景に驚かされる事に。

悪魔咲き(デモニオフルール)という技によってロビンは自らを巨大な悪魔の姿へと変えてしまっていました。

 

本当に必要としてくれる人や頼ってくれる人の為なら悪魔にだってなる

悪魔に怯えるブラックマリアに対して、手も足もいらないという先ほどの言葉を逆に繰り返すロビン。

力づくでブラックマリアを抑え込むとそのまま「大渦潮(グランジャグジー)クラッチ」という強烈な関節技でKOしてしまうのでした。

 

その一方でブルックと戦っていたブラックマリアの部下達。

ブルックが作り出した氷によって行くてを塞がれていたものの、その氷の隙間からブラックマリアの様子を伺う事に

 

しかし彼女達が見たのは倒れてしまったブラックマリアと巨大な悪魔となったロビンの姿

まさかの事態に困惑する彼女達を、ブルックは「フラーズダルム管弦楽(オーケストラ)」という音符を描いた斬撃技で一掃

その上で少し疲れたというロビンを優しく支えてあげるのでした。

 

 

悪魔の子と呼ばれて苦しみ続けてきたロビンが大切な仲間達の為に本当の悪魔となる

これはもう熱すぎる展開で、ロビンというキャラクターがここへ来て完成したかのようでもありましたね。

その一方でブルックはどこまでもスマートに戦っていて、それでいて新技も格好良くて言うこと無しでした!

 

ワンピース1021話ネタバレ:ワノ国を守る為に大人の姿へ!!!

兎丼にある常影港で食料を爆食いしていたのはルフィ。

カリブーがヌマヌマの実の能力でその身に溜め込んでいた食料を、ボロボロの身体を回復する為にも貪り食らっていました。

 

ローの仲間たちからは今の鬼ヶ島の状況やローやペポ達の状況を聞かれるも、食事に夢中になったルフィが何を言っているのかは聞き取れず。

その一方でモモの助はしのぶにお願いをするも、しのぶからは強く反対されてしまっていました。

 

鬼ヶ島のような危険な場所にはもう二度と行かせる訳にはいかない。

そう強く言い放つしのぶに対して、このままではワノ国も花の都も滅んでしまうかもしれないと危惧していたモモの助

 

しかしそれでもしのぶはモモの助からのお願いを受け入れようとはしません。

一度やってしまえば心は子供のままで二度とその姿には戻れなくなってしまうのだと。

 

そんなしのぶに対して、それでも構わないと粘るモモの助。

しのぶの「ジュクジュクの術」で自分を大人にしてくれ

そうお願いするモモの助は、そうすれば大きな龍になれるかもしれないと考えていました。

 

 

前回ラストで意味深に登場してきただけに何か大きな役割があるかと思われていたカリブーでしたが、どうやらルフィ回復の為の食料問題解決の為だったみたいですね。

そんな肩透かし気味のカリブーに対して、めちゃめちゃ大きな決断をしようとしていたモモの助。

しのぶの力で肉体だけでも強制的に大人にしようと考えていたのには驚かされましたね

 

 

―――次回1022話に続く!

 

ワンピース1021話ネタバレの感想考察

ワンピース1021話ネタバレ

 

ロビンの熱すぎる戦いが中心となった今回。

これまでのロビンの集大成となるような戦いでもありましたね。

 

意外と強いブラックマリアと技の名前

前回の時点で精神的な強さを見せつけてくれていたロビン。

それだけにすぐに決着がつくのかと思いきや、ここからはむしろブラックマリアのターンとなってしまいました。

 

ロビンの新技は無数の腕で相手を抑え込むような雰囲気でしたが、相手が武器を持っているとなるとあまり効果的ではありませんでした。

ブラックマリアが言っていたように標的が大きくなってしまっただけでもありましたからね。

 

そんなブラックマリアの主力となっていたのが蜘蛛の糸による攻撃。

粘着性が高くしかも可燃性という事で攻撃にも防御にも使えて汎用性が高い能力と言えるでしょう。

 

しかしその糸を使った技の名前はどれもダジャレっぽかったですよね。

特に「炎上マリア」と書いて「あたたマリア」と呼ばせるこのセンスはいかにも『ワンピース』って感じがしました。

 

ロビンと革命軍との過去

ブラックマリアを相手に大苦戦していたロビンが思い出す事になったのはコアラやサボとの日々

空白の2年間の間にこういうイベントがあったんだというだけでもちょっと嬉しくなりますよね。

身を守る為にもと技を教えようとするコアラやサボも可愛いですし、ちょっとだけだと付き合うロビンも可愛いです。

 

しかし軽い感じで教わっていたこの掌底があった事でロビンの戦闘力はかなり上昇していた訳なんですよね。

新世界以降では当然となっていた巨大化した腕での攻撃にもこの掌底が使われていたみたいですし。

2年間ロビンはちゃんと強くなろうとしていたんだと思うとちょっと熱いですよね。

 

悪魔の子が本当の悪魔に

コアラから教わった魚人空手による掌底に続いてロビンが披露した技こそが今回の一番の驚きでした。

まさかロビンが自分自身を巨大化させるだけではなく、巨大化させた悪魔まで生み出す事になるとは・・・!

 

悪魔の子だと恐れられたり忌み嫌われたりしてきたロビン。

そんなロビンが大切な人達に必要とされ、そんな彼らと共に戦う為に悪魔にだってなろうとする

これがもう本当に素晴らしすぎて泣けてしまいますよね!

 

これまでにも辛い過去を乗り越えてきていたロビンでしたが、ここへ来てさらなる成長を見せつける事となりました。

しかも悪魔の姿で披露されたのはロビンにとっての基本技とも言える関節技であり、非常にロビンらしいなぁと思えたのも良かったです!

雑魚達を軽く片付けたブルックがロビンを優しくフォローしていたのも非常に紳士的で格好良かったですね。

 

モモの助がまさかの大人化へ

前回ラストで久しぶりに登場してきていたカリブー。

このタイミングという事で何かしら大きな役割があるのかと思っていましたが、あくまでもルフィ回復の為の食料担当という事だったようです。

ヌマヌマの実の力があればこんな不自然の場所に大量の食料を持ち込む事も出来ちゃいますし、ある意味では上手い展開ではありますがちょっと肩透かし感もありましたね

 

その一方で思い切り驚かされたのがモモの助の決断でしょう。

龍となってルフィを再び鬼ヶ島へと運ぶ役割かと思っていましたが、それには大人になる必要があった訳ですね。

 

「ジュクジュクの実」というしのぶの微妙な力もこの為に存在していたのかと考えると改めて構成力の凄さを感じます!

ここへ来てモモの助の活躍も期待出来そうな展開ですし、そろそろ本当のクライマックスが近づいてきている感じがしますね!

 

ワンピース1021話ネタバレ展開考察

ワンピース最新話1021話ネタバレ

 

ここからは、『ONE PIECE ワンピース』最新話1021話、そして1022話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

決着はロビンの新技で!?

ブラックマリアの煽りにも全く動じずに戦っていた今回のロビン。

サンジが助けを求めてくれただけに、ロビンとしてもこの戦いは絶対に負けられないと感じているのでしょう

完全に覚悟が決まっているようですし、かつてない程に強いロビンが見られそうな気がします。

 

気になるのはやはり今回ロビンが使っていた技でしょう。

これまでは身体の一部をハナハナの実の能力によって巨大化させたりしてきましたが、今回は遂にロビンの本体を巨大化させてしまっていました

サイズ的にもブラックマリアに負けない大きさとなっていますし、真っ向からパワー勝負で勝利してくれそうな気がしますね。

 

カリブーの役割とは!?

今回ラストで久しぶりにちょっとだけ登場してきたカリブー。

ルフィにとっては別に味方という訳ではないカリブーですが、このタイミングで再登場となった以上は何らかの役割がありそうな気がします。

 

カリブーと言えばヌマヌマの実の能力者であり、その能力はかなり便利なものとなっています。

沼の身体には大量のものを収納する事も出来ますし、討ち入りの際にはカリブーの身体に侍達を収納させるんじゃないかとも予想していました。

実際にはそうはならなかったものの、カリブーが今後そのヌマヌマの力で花の都の人々を救うような可能性も考えられそうです。

 

鬼ヶ島が花の都に落ちる可能性もありますし、その際にヌマヌマの能力で鬼ヶ島全体を包み込んで被害を抑える・・・みたいな可能性も少しはあるかもしれません。

とはいえカリブーは基本的には完全に悪党気質ですし、どういう形で活躍していくのか先が読めませんね。

ルフィや仲間達に巻き込まれる形でいつの間にか活躍しているという展開もありそうな気がします。

 

サンジとクイーンの戦いも開始!?

今回ロビンからの強い信頼を寄せられていたサンジ。

未来の海賊王となるルフィの両翼に相応しい男とまで呼ばれていた訳ですし、サンジには大看板であるクイーンに一人で勝利して欲しいですよね。

 

クイーンはここまでビッグマムに敗北していたり、兎丼をルフィに制圧されてしまったりとあまり良い所を見せていません。

しかしその残虐性は凄まじく、部下達を氷鬼のウイルスによって巻き込んだりとその危険度は流石13億超えの賞金首という感じでもありました。

 

不死鳥マルコとの戦いでは苦戦はしていたものの、かなりの攻撃を食らった割にはさほどダメージを感じさせず、圧倒的にタフである事がわかります。

それだけにサンジの攻撃もそう簡単に通用するとは限らず、やはりここはサンジもステルスブラックの力を借りるしかない気がします。

古代種のタフさを打ち破るようなステルスブラック状態での新技に期待したい所ですね。

 

 

ここからは、『ワンピース』最新話1021話、そして1022話以降で起こりうる展開をストーリー調で考察をしたものを載せています!

 

女同士の戦いの行方

ロビンの攻撃にブラックマリアはかわすことで精一杯でした。

サンジは敵のタイプを分析してロビンであれば容易に倒せると判断したのです。

優勢に戦いを進める中で、その事実にブラックマリアも気付きます。

 

するとブラックマリアはロビンから一旦距離を取り、立て直そうとしました。

しかしロビンの手が地面から千手観音のように生えて、敵は逃げることすら出来ません。

 

そしてロビンの強力な一撃はブラックマリアを捉えてそのまま倒しました。

サンジの敵の力を見定める見聞色の覇気にロビンは凄さを感じるのです。

 

ゾロと翼竜のキング

その頃サンジはクイーンの機械攻撃に苦戦していました。

するとそこにキングも加わってサンジに襲い掛かろうとするのです。

吹き飛ばされるサンジにキングの鋭い嘴が襲ってきました。

 

その瞬間ゾロの斬撃がキングに直撃し、サンジを助けました。

ゾロは打たれた注射の効果で5分間だけ動ける体になったのです。

 

そしてサンジは引き続きクイーンと、ゾロはキングと戦います。

今の体で何が出来るとキングがゾロに言うと、お前に勝てる!と答えました。

 

モモの助の葛藤

モモの助は龍の姿になることに即決出来ないでいました。

それは憎きカイドウの様であるからです。

するとルフィはモモの助の頭を殴り、顔を自分の正面に向けます。

 

そして今お前が考えなければならないことは何だ!とモモの助に叫びました。

モモの助の頭の中では錦えもんや赤鞘、国のみんなの姿そして父親であるおでんの姿が思い浮かぶのです。

 

そしてモモの助の曇っていた表情は明るく晴れやかになりました。

ルフィはモモの助の顔を見てやっと男の顔になったなと言います。

するとモモの助はルフィに早くカイドウの元へ行こうぞと言うのでした。

 

二人の絆と約束

龍の姿になったモモの助はルフィを背中に乗せて鬼ヶ島へと向かいます。

モモの助はもう二度と逃げも隠れもせぬとルフィに話します。

するとルフィは俺がついているから安心しろと答えました。

 

そしてモモの助にルフィは改めてカイドウをぶっ飛ばしてやると宣言します。

モモの助はルフィのその言葉を信じて自分のすべき事に集中しようと考えます。

 

二人は直接話さなくても心が通じ合うようになっていました。

それはかつてのロジャーとおでんのような関係を彷彿とさせるものでした。

 

まみえる最強の生物

鬼ヶ島に到着するモモの助はルフィにカイドウを倒すことにだけ集中してくれと伝えます。

ルフィはモモの助に後は任せたぞと言って、カイドウのいるドーム屋上へと向かいました。

そこではヤマトがカイドウ相手に踏ん張っていましたが、劣勢となっています。

 

ルフィはギア4の姿になると一直線にカイドウの元へ飛び、そしてカイドウを吹き飛ばしました。

ヤマトに感謝するルフィは自分が必ずカイドウを倒すと言って、ヤマトにモモの助の警備を任せます。

 

カイドウは懲りない奴だなとルフィの前に再び現れ、次こそ息の根を止めてやると言うのです。

ルフィはお前を倒してワノ国を開国する!と言い返しました。

 

ワンピース1021話への読者の声

ワンピース最新話1021話ネタバレ

 

『ワンピース』最新話1021話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

 

ワンピース本誌のネタバレ一覧

『ワンピース』ワノ国編これまでの内容は下記から見ることができます!

 

ワンピース95巻(ワノ国第二幕終盤~幕間~第三幕)
954話 955話 956話 957話 958話
959話 960話 961話 962話 963話
964話
ワンピース96巻(ワノ国第三幕光月おでんの回想)
965話 966話 967話 968話 969話
970話 971話 972話 973話 974話
ワンピース97巻(飛び六胞とヤマト登場)
975話 976話 977話 978話 979話
980話 981話 982話 983話 984話
ワンピース98巻(鬼ヶ島の戦い開戦)
985話 986話 987話 988話 989話
990話 991話 992話 993話 994話
ワンピース99巻以降
985話 986話 987話 988話 989話
995話 996話 997話 998話 999話
ワンピース100巻以降
1000話 1001話 1002話 1003話 1004話
1005話 1006話 1007話 1008話 1009話
1010話 1011話 1012話 1013話 1014話
1015話 1016話 1017話 1018話 1019話
1020話

 

ワンピース1021話ネタバレまとめ

ワンピース最新話1021話ネタバレ

 

ロビンとブルックの戦いが中心となった今回。

辛い過去を乗り越えた二人の強さとサンジへの信頼を感じさせる回でもありましたね。

 

ロビンにとって一番辛い記憶を蘇らせるようなブラックマリアの幻での攻撃は中々厄介なものです。

しかしロビンもブルックも辛い過去を乗り越えて受け入れたからこそ攻撃は効かなかったというのが熱いです。

サンジを誰よりも認めているのがロビンなんだろうなぁと感じさせる展開でグッと来てしまいました。

 

ヤマトの能力も明らかになりそろそろワノ国での戦いも佳境を迎えつつあります。

ルフィがどうやって戦線に復帰していくのかという所も大きなポイントとなりそうですね。

 

次回の『ONE PIECE ワンピース』第1022話を楽しみに待ちましょう!

以下はワノ国編で関連する考察です。良ければ併せてご覧ください!

▼関連考察▼

>>>ゾロが覇王色に覚醒!閻魔と天の羽々斬りでカイドウを追い詰める?

>>>フランキーVSササキの勝負の行方予想!

>>>ナンバーズとパンクハザードの関係性は?

>>>オロチを殺した理由とは!?

>>>ヤマトが登場した理由がヤバい!

>>>飛び六胞フーズ・フーの強さや能力考察!

>>>イゾウが新しく赤鞘九人男に入る??

>>>ロビンとジンベエの背後の人影(シルエット)は誰?

>>>カイドウの妻は一体誰?

>>>キングの種族は超希少な?!

>>>おでんからの手紙の真相とは?

>>>おでんは開国をモモの助と赤鞘に託した!?

>>>カイドウにとっておでん戦は不本意な結果?

>>>カイドウは何故「死ねない」のか?

>>>黒炭ひぐらしの正体はロックス海賊団!?

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。